お知らせ 【技術コミュニティ運営者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催する技術コミュニティを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月

18

オープンネットワーキングによるIT自動化セミナー

Organizing : Dell EMC

Registration info

一般

Free

FCFS
6/11

Description

当セミナーの定員40名中、若干名を connpassから募集します。

こちらは、Dell EMC が主催するセミナー「オープンネットワーキングによるIT自動化セミナー」の紹介です。

マジセミでは、特別に40名をご招待します。

Infrastructure as Code

働き方改革の時代に、今求められているのが、ネットワークやITインフラの運用の自動化です。

”Infrastructure as Code”を合言葉に、今、運用オペレーションをコード化し自動化する様々なツールやソフトウェアの活用が急速に広まっています。

用途が広がる、Ansible

例えば、Ansibleはこれまでサーバーの運用管理ツールとして利用されてきましたが、ここ数年の間に、ネットワーク機器の運用管理ツールとしての利用も進み、同一のオペレーションを多種多様なネットワークベンダーの機器に適用させ、運用工数を減らし、人為的ミスを減らし、システムの効率かつ安定運用を目指すお客様が増えています。

また、データセンターネットワークの構築・運用支援に特化し、VXLAN EVPNを使ったネットワークを設計・構築・検証するプロセスを自動化するApstra社のソリューションも国内大手サービスプロバイダーで採用が進み注目されている技術です。

ネットワーク自動化を実現

本セミナーでは、「オープンネットワーキング」のビジョンをかかげ、ネットワーク機器のオープン化の先陣を切るDell EMCが、ネットワーク運用管理者だけでなく、ネットワーク機器とサーバーの両方の運用管理を担当するお客様に向けて、ネットワーク自動化を実現するソフトウェアとオープンネットワーキングの最新動向をお伝えするセミナーとなっています。

ご多用中恐縮ではございますが、ぜひ参加のご検討を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

参加者にはオリジナルモバイルバッテリーをプレゼント

セミナーに参加していただいた方にはもれなく、オリジナルモバイルバッテリーをプレゼントします。

このチャンスをぜひお見逃しなく!

オリジナルモバイルバッテリー(写真はイメージ)

プログラム

14:00 - 15:00 事例から学ぶ、ITインフラの自動化を成功させるAnsibleのプラクティス

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部 クラウドソリューションアーキテクト部
ソリューションアーキテクト オートメーション&マネジメント・エキスパート
中島 倫明

現在、多くの企業でITインフラの効率化が重要な課題となっています。時間とコストを必要とするハードウェア管理の手法から、素早く・確実で・安全性の高いソフトウェア管理の手法へと切り替えていくことがITインフラに強く求められています。これらのITインフラの効率化を実現する上で、最も活用され実績のあるソフトウェアがAnsibleになります。Ansibleは企業や組織が持つ様々なITインフラを効率的に自動化し、抜本的な改善を図るツールとして金融、製造、公共、社会インフラ、軍事などあらゆる分野で広く活用されています。本セッションでは、国内の事例を元にAnsibleを用いた「自動化によるITインフラの効率化」を実現する実践的な方法と考え方についてご紹介いたします。

15:00 - 15:40 次世代データセンターを支えるウェブスケールネットワーク

~商用版LINUXネットワークOSによるネットワークDevOps時代の到来~

Cumulus Networks
シニアシステムズエンジニア
大西 宏之

データセンターのネットワークは今大きく変わろうとしています。GoogleやFacebookといったハイパージャイアントが行ってきたデーターセンターの構築・運用手法はウェブスケールネットワークと呼ばれ、エンタープライズのお客様にも急速に浸透してきています。本講演ではウェブスケールネットワークについて、Cumulus Networksが持つ製品とソリューションを事例を交えながらご紹介します。

15:40 - 15:50 休憩

15:50 - 16:30 インテントベースネットワークのあるべき姿~Self Operating Networkに向けて~

アプストラジャパン合同会社
システムエンジニア
樋口 智幸

ネットワークの設計・構築・運用の自動化を目的としたインテントベースネットワーク。この仕組に欠かせないSSOT(Single Source of Truth)の概念とその理由を解説いたします。また、インテントベースネットワークにマルチベンダー対応したApstra AOSとユーザ事例もご紹介いたします。

16:30 - 17:10 IT自動化を支えるDell EMC Open Networking

Dell EMC
ネットワーク事業部 シニアシステムズエンジニア
佐々木 亮

ネットワーク機器のハードウェアとソフトウェアを分離するオープンネットワーキングにより、ネットワークOSが選択可能になり、広く用いられているLinuxツールを使い、データセンター運用・構築の自動化を推進しているお客様が増えています。本セッションでは、Dell EMCが推進するオープンネットワーキングの最新動向をご紹介いたします。

主催

Dell EMC

協賛

レッドハット株式会社

当日会場アクセスに関するお問合せ(道に迷ったとき用)

Dell EMCイベント事務局 Tel: 03-6893-2307

協力・セミナー事務局

マジセミ株式会社

マジセミ

受講票について

本セミナーの受講票は、お申込み頂いた後、Dell EMCイベント事務局(dellemc@info-event.jp)から発行させて頂きます。

※競合もしくは競合になる可能性のある事業者様や、個人としての方は、当社判断によりご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

※ご記載頂いた内容、及び当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

shibuyakikue

shibuyakikue published オープンネットワーキングによるIT自動化セミナー.

03/08/2019 15:28

【4/18開催!】Ansibleで実現する、ネットワークDevOps を公開しました!

Group

マジセミ

Number of events 490

Members 658

Ended

2019/04/18(Thu)

14:00
17:10

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2019/03/07(Thu) 15:41 〜
2019/03/12(Tue) 00:00

Location

Dell EMC(デル株式会社)東日本支社

東京都港区三田3-5-27 (住友不動産三田ツインビル西館9階)

Attendees(6)

shimomuraa

shimomuraa

Ansibleで実現する、ネットワークDevOpsに参加を申し込みました!

hirokazu_ishigami

hirokazu_ishigami

Ansibleで実現する、ネットワークDevOps に参加を申し込みました!

y-nagumo

y-nagumo

Ansibleで実現する、ネットワークDevOps に参加を申し込みました!

m_n_z

m_n_z

Ansibleで実現する、ネットワークDevOpsに参加を申し込みました!

nishiwak_m

nishiwak_m

Ansibleで実現する、ネットワークDevOps に参加を申し込みました!

ふくら

ふくら

Ansibleで実現する、ネットワークDevOpsに参加を申し込みました!

Attendees (6)

Canceled (5)