お知らせ 12月16日(月)10:30から30分ほど、サーバーのメンテナンス作業を予定しております。作業の間はconnpassのご利用が出来ません。ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承ください。

お知らせ 【グループ管理者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催するグループを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月

28

「Webシステムにおける性能問題の原因調査」の難しさと、その対策について

~フロントエンド(JavaScriptなど)の性能劣化の原因調査も含めて~

Organizing : 株式会社ジェニファーソフト

Registration info

一般

Free

FCFS
1/2

Description

本セミナーは終了いたしました。

資料は、セミナー開催報告ページで公開しています。

-----


当セミナーの定員20名中、若干名をconnpassから募集します。

ますます重要になる、Webシステムの性能

Webシステムにおいて、ユーザーエクスペリエンスが重要になっている中、その要素として性能も重要視されています。

ユーザーはWebシステムの応答を2秒までしか我慢できず、3秒たつと約半数が離脱する、という統計もあります。

また、Googleは検索順位を決めるロジックにページの表示速度を組み入れており、Webシステムの性能はSEOにとっても重要になっています。

ITインフラが複雑化する今、障害原因の特定が難しくなってきています

しかし、昨今ではシステム構成の複雑化・大規模化が進み、システム障害のリスクは高まるばかりです。

システム障害発生時の原因特定はますます困難となり、システム障害がビジネスに与えるインパクトも大きなものとなってきています。

再起動でごまかしていませんか?

「とりあえず再起動をしたらなおった。」というのは良くあることです。

再起動は有効的な対処方法です。しかし、これが結果的に最善の策であれば良いですが、再起動でなんとか持ち直すというやり方では障害の原因究明には至りません。

障害が起きた際、性能問題は調査が難しい・・・

システム障害は再現しないことも多く、人や事象、機種依存、あらゆる原因が絡み合い、従来のシステム管理ではなかなか問題を特定することができません。

Webシステムは特に原因特定が難しい言われています。

UI/UXの重要性が高まり、フロントエンド(JavaScriptなど)の処理が重くなっている

しかも最近では、UI/UXの重要性が高まっており、フロントエンド(JavaScriptなど)の処理が増えています。これによって、クライアントPC/ブラウザで処理が重くなっているケースも増えてきており、従来のようなサーバーサイドの調査だけでは、正確に問題を特定することが困難です。

なぜ性能の原因調査は難しいのか?その理由を解説

本セミナーでは、なぜ、Webシステムの性能問題の原因調査は難しいのか、その理由を解説するとともに、性能低下の原因が3クリックでわかる、国内導入実績No.1アプリケーション性能管理(APM)ツール「JENNIFER」を紹介します。

プログラム

15:00~15:30 受付

15:30~16:00 なぜ、Webシステムの性能問題の原因調査は難しいのか?

16:00~16:30 国内導入実績No.1アプリケーション性能管理(APM)ツール「JENNIFER」の紹介

16:30~17:00 質疑応答

主催

株式会社ジェニファーソフト

当日会場アクセスに関するお問合せ

03-3510-9123

セミナー事務局

マジセミ株式会社

マジセミ

※当日は名刺を2枚お持ち下さい。

※以下の方について、当社判断によりご参加をご遠慮頂く場合がございます。予めご了承下さい。

・講演企業の競合となる商品・サービスを提供している企業、同業の企業、及びそのグループ企業・関連企業の方

・個人や個人事業主の方

・その他、弊社及び講演企業が不適切と判断した企業・個人の方

※申込が多数の場合、弊社抽選にてご参加をご遠慮頂く場合がございますので、予めご了承ください。

※本コミュニティにご提示いただいた情報、及び、申込時にご記載頂いた内容、当日受付でご提示頂いた名刺情報は、マジセミ株式会社にて収集し、マジセミ株式会社/オープンソース活用研究所 および主催・共催・協賛・協力・講演の各企業に提供させて頂きます。ご記載を頂いた個人情報はマジセミ株式会社/株式会社オープンソース活用研究所および主催・共催・協賛・協力・講演企業にて厳重に管理し、サービス、製品、セミナー、イベントなどのご案内に使用させて頂き、また各社のメルマガに登録させていただきます。ご記載いただいた個人情報は、法律に基づいた、警察等の行政機関や司法機関からの要請があった場合を除き、第三者には提供致しません。

〔お問合せ先 及び 個人情報保護管理者〕 株式会社オープンソース活用研究所 個人情報保護管理者 連絡先:03-6809-1257

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

shibuyakikue

shibuyakikue published 「Webシステムにおける性能問題の原因調査」の難しさと、その対策について.

10/31/2019 18:07

【11/28開催!】「Webシステムにおける性能問題の原因調査」の難しさと、その対策について を公開しました!

Ended

2019/11/28(Thu)

15:30
17:00

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2019/10/31(Thu) 17:26 〜
2019/11/28(Thu) 12:30

Location

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター カンファレンスルーム209

東京都中央区八重洲1-2-16 TGビル本館2F

Attendees(1)

TeruyaAsatarou

TeruyaAsatarou

「Webシステムにおける性能問題の原因調査」の難しさと、その対策についてに参加を申し込みました!

Attendees (1)